酵素で成功!秘密全部バラしちゃいます。

酵素ダイエットQ&A

スポンサ−ドリンク

Q&A

Q、酵素ダイエットに興味があるので色々な商品を見ましたが、どれも同じように見えます。やり方も、口コミを見ても大体一緒のように思えます。効果が同じなら、安い商品を選びたいのですが。

 

A、酵素は原料と、熟成年数で品質が変わってきます。価格はそれぞれのメーカーが決めているので何とも言えませんが、価格が高いものほど品質が高いというわけではありません。価格も気になるところですが、信頼と実績のある会社の商品を選ぶことが大切です。

 

 

Q、酵素の摂取方法はどれが良いのでしょうか?

 

A、日頃の食事から摂取するなら、生野菜、フルーツ、発酵食品などに多く含まれています。サプリメントを利用する場合は、ドリンク、錠剤、カプセルタイプがメジャーです。玄米や、ゼリーなどいろいろなタイプがあるようですが、それほど浸透していないようです。短期集中の酵素断食のときには、各メーカーが推奨する断食用の酵素ドリンクを使用しましょう。

 

 

Q、断食でおなかがすいて我慢できないときはどうすればいいのでしょうか?

 

A、酵素断食や置き換え中は空腹になってもものを食べないようにして、水を飲んでごまかしましょう。もし、それでも我慢できないのであれば、野菜ジュースを飲んで空腹をしのぎましょう。特に断食は胃の中を空にすることが大切なので、消化の悪い食べ物は禁物です。

 

空腹をまぎらわす方法を詳しく

 

 

Q、楽天やアマゾンをみると多くの酵素飲料がありました。聞いたことない酵素飲料や、有名な酵素飲料がならんでいるのですが、信用して購入しても大丈夫なのでしょうか?

 

A、アマゾンや楽天でも購入できます。どちらも大手で信用あるサイトなのですが、よくわからない会社の酵素飲料が安く売られていたりしますので、購入する場合はよく調べてからにしましょう。人気酵素飲料の価格は、楽天やアマゾンでも公式サイトと同じところが多いです。中には同じ商品を安く売っている商店もあるようですが、入金や、返品トラブル、品質のリスクを考えるなら公式サイトを利用するのが無難だと思います。

 

 

Q、酵素ダイエットは生理中にやってもいいのでしょうか?また、授乳中は避けた方が良いのでしょうか?

 

A、万全を期すためにも生理中や、妊娠中に酵素ダイエットをするのは控えた方が良いでしょう。また、授乳中は、赤ちゃんに栄養を与える大切な時期ですので、ダイエットは控えてしっかりとバランスの良い食事を心がけましょう。産後に酵素ダイエットをするのは効果的と言われています。

 

 

Q、病気のときも、朝はジュ−スだけがいいんですか?

 

A,病気のときこそ消化器官に負担をかけない生ジュ−スがベスト!
具合が悪くて食欲がないとき、栄養を付けたいからと無理やりに食事をとるのは間違いです。なぜなら、病気のときに食欲が落ちるのは、体が元気を回復するために消化酵素を抑え、その分を代謝にまわしたいというサインを出しているから。体力が落ちているときこそ、消化がよく、ミネラルやビタミン、ファイトケミカルをたっぷり含むフル−ツの生ジュ−スがいいのです。朝だけでなく、昼も夜もこれで過ごすと、あっという間に元気になりますよ。

 

 

Q、生野菜やフル−ツは体を冷やすのでは?

 

A,生野菜やフル−ツを食べない方が、体は冷えやすくなるんです。
酵素の含まれる生野菜やフル−ツを食べると、食べたときに一時的に体が冷え込むことがあっても、体内で酵素がしっかり働くことで細胞血管に血液がスム−ズに流れるようになります。
そのため、冷え性の人は酵素生活を続けるうちに体質が変わり、冷えない体になっていきます。
また、極度の冷え症でとにかく困っているようであれば、究極のお茶と究極のドレッシングをお勧めします。これらは極陽性で体を温める作用があるので、こまめに食事に取り入れれば、無理なく酵素生活が実践できます。

 

 

Q、マクロビティックは体に良くないのか?

 

A,加熱料理ばかりの食事を続けていると酵素がとれず体調を崩す原因に。
野菜中心の食事の面ではとても良いマクロビオティック。しかし、加熱調理することが多いため、続けていると慢性的な酵素不足に陥ってしまいます。極端な食事法には、欠点はつきもの。酵素がいいからと、生の菜食だけを摂るのもまた問題ですね。
マンロビディオティックを実践している人は、「生の物からしか酵素は摂取できない」ということを念頭に、適度に生の物を取り入れる様にすると、バランスのよい食生活になることでしょう。

 

 

Q、フル−ツを食べ過ぎて太ったりしませんか?

 

A,フル−ツは低カロリ−&低G-値食品なので肥満や糖尿病の心配はありません。
フル−ツは甘いので太ると思っている人が多いかもしれませんが、実はとても低カロリ−。例えばチョコレ−トは100gで約550kcalもありますが、甘みの強いメロンは、100gでおよそ43kcalです。
さらにフル−ツに含まれる果糖やブドウ糖は消化がよく、体に負担をかけません。果糖は脂肪をエネルギ−に変える作用もあるので、ダイエット中こそ、むしろ積極的にとりたいものです。
殆どのフル−ツが低〜中G1値食品なので、糖尿病の心配もありません。

 

 

Q、野菜やフル−ツばかり食べていては、パワ−がでないのでは?

 

A.消化しにくい肉の食べ過ぎこそ、エネルギ−を消耗しスタミナ不足の原因に。
スタミナをつけるためにはタンパク質をとることが重要ですか、肉や魚などの動物性タンパク質は消化にかなりのエネルギ−を使うため、逆にスタミナを奪われてしまいます。
タンパク質なら生の野菜や豆、フル-ツから良質な植物性タンパク質をとることができるので、「疲れたな」「元気がないな」と感じたときは、生野菜やフル-ツを食べるほうがよいのです。
肉や魚などの動物性タンパク質は、3日に一度、60〜90g程度をとるので十分です。食べる時は消化をスム-ズにするため、倍以上の生野菜をいっしょに摂るようにした方が良いですね。

 

 

 

 

酵素ダイエットQ&A記事一覧

商品情報(酵素ドリンク・酵素サプリメント)

酵素ダイエットの関連商品を紹介します。また、当ページで紹介している商品は、必ずしもすべてが高品質であるとは限りません。現在、世の中にはどのような酵素ダイエット関連商品があって、新しくどんな商品が発売されているかといった、酵素ダイエットの知識を増やすとともに、関連商品が、どのように変化しているかの傾向...

≫続きを読む

 
スポンサ−ドリンク

注 目  ラ ン キ ン グ!

ご  案  内

  関  連  記  事


ホーム RSS購読 サイトマップ
定期購入酵素 ベルタ酵素 お嬢様酵素 ピュアネス酵素 優光泉(ゆうこうせん) 美的90選 ベジライフ ベジーデル酵素液 手作り酵素ジュース