酵素で成功!秘密全部バラしちゃいます。

トマト・野菜ダイエット 本当に効果があるのか?

トマト・野菜ダイエット 本当に効果があるのか?

トマト・野菜ダイエット 本当に効果があるのか?

トマト・野菜ダイエット 本当に効果があるのか?

 

 

●トマトダイエットの効果

肥満から糖尿病になったマウスの血液中の脂肪増加を、トマトに含まれる成分、「13-オキソ-9,12-オクタデカジエン酸」が抑えるみたいです。
このことから、トマトを食べることによって、肥満や脂質異常、脂肪肝を改善する効果があるのではないかと言われ、その効果を期待して生まれたのがトマトダイエットです。

 

 

 

●どれくらいトマトを食べればいいの?

マウスに与えた成分を人間の体重に換算すると、毎食トマト2個、あるいはトマトジュース1杯を摂取すれば良いと言われています。
ただし、市販のトマトジュースには塩分を添加しているものがあり、塩分の摂り過ぎになるため、トマトダイエットには不向きです。
ジュースで摂取するなら、塩分を加えていないものを選ぶか、ジューサーを使って手作りのトマトジュースを飲むのが望ましい方法です。

 

 

 

●トマトさえ食べてれば、あとは自由にしていいの?

「トマトを食べているから暴飲暴食して良い」というわけではありません。
あくまでトマトダイエットの効果は補助として考え、きちんと栄養バランスの取れた食事を摂り、
適度な運動をすることがダイエット成功への近道です。

 

 

 

●トマトダイエットに向いているレシピは?
トマトダイエットは、毎食2個のトマトを摂取しなければならないため、どうしても飽きがきやすい
ダイエット方法です。

 

 

手軽にアレンジできるレシピ、以下のようなものがあります。

焼きトマト:
フライパンでトマトを焼き、少量の塩とレモン汁で味付けをする。

 

トマトスープ:
トマトを細かく刻み、スープの素と共に鍋で煮る。トマトリゾットにアレンジしてもOK。

 

ポイントは、付加するカロリーを最小限にすることです。トマトを使用しているからと、油断して高カロリーの料理にしてしまうと、「かえって余分なカロリーを摂取して太ってしまった」ということになりかねません。

 

●野菜ジュースダイエットの効果

野菜・野菜スープ・味噌汁

ダイエットとしてはお手軽な部類の、野菜ジュースダイエット。
どんな野菜ジュースがいいのか?どれぐらい飲めばいいのか?お伝えしたいと思います。

 

 

 

野菜ジュースダイエットのやり方

スムージーダイエットと共に、近年大人気の野菜ジュースダイエット。
やり方は非常にシンプルで、朝、朝食の前に200mlの野菜ジュースを飲むだけです。

 

市販の野菜ジュースでも代用できますが、手作り野菜ジュースには、市販の野菜ジュースでは摂りにくい食物繊維が豊富に含まれています。
また、新鮮な野菜を摂取できる、自分の気分や体調に合わせて配合する野菜を変えられるなど、 魅力がいっぱいです。
ミキサーで簡単に作れますので、野菜ジュースダイエットにチャレンジしたい方は、購入を検討してみて下さい。
その際、一人分の量を作るのであれば、小さめのミキサーの方が使い勝手が良いです。

 

 

 

●野菜ジュースダイエットにオススメの野菜・果物

基本的には、生で食べられる野菜であれば、どんなものでも使用可能です。
冷蔵庫にある野菜をミキサーに入れて、スイッチを押すだけです。

 

 

体質によって選ぶなら、便秘改善には食物繊維の多いもの、美肌を目指すならビタミンCやトマトのリコピンなど抗酸化物質の多いもの、冷えを改善したいなら体を温める作用のあるものを選ぶと良いと思います。

 

 

●野菜ジュースダイエットで本当に痩せる?
他のダイエット方法にも共通しますが「野菜ジュースを飲めば痩せる」ということはありません。
あくまで、不足しがちな野菜を摂取して身体全体の健康度を高めたり、食前に飲むことで食べ過ぎを防ぐといった、間接的なダイエット効果となります。
そのため「毎日野菜ジュースを飲んでいるから」と安心して食べ過ぎれば太ってしまいますし、野菜ジュースに頼ってその他の食事を疎かにすれば、必要な栄養が不足することになります。

 

 

野菜ジュースダイエットの注意点

(1)作り置きはNG
手作り野菜ジュースの作り置きはあまりオススメできません。
酸化して風味が落ち、変色し、野菜がジュースの中で分離するといったことが起きます。

 

(2)体調や体質によっては野菜ジュースが合わないことも
胃腸が特に弱い人は、食物繊維の摂り過ぎで下痢や便秘を起こすことも考えられますので、
最初は少ない量から始めるのが安全です。

 

(3)果物は適度に配合
果物をたくさん混ぜすぎると果糖の摂り過ぎになるおそれがあります。
果糖は血中の中性脂肪を増加させる作用が糖の中でも強いですし、何より糖分の摂り過ぎになるおそれもあります。
したがって、果物の入れすぎには気をつけた方が良いと思います。

 

 

(4)野菜の残留農薬がガンの原因に?
イギリスではガン患者の増加の背景に、野菜の食べ過ぎがあるのではないか、という説が話題になっています。

 

その理由は野菜に使われている硝酸塩という農薬に原因がある可能性があるとして、イギリスのマッコール教授が率いる研究チームでは、どれだけの農薬が野菜と果物に含まれるのかを調査し、ガンとの関連性を現在調べています。

 

 

野菜を使用する前には、なるべくなら有機栽培されたものを選ぶようにし、そうでないものを使う場合は、良く洗って残留農薬を摂取しないように注意することが必要です。

 

 

野菜に含まれる酵素やビタミン、ミネラルで、食事改善
今なら、2,000円分のポイントがもらえるみたいです。
らでぃっしゅクラブ


ホーム RSS購読 サイトマップ
お薦め商品ベスト5! ベルタ酵素 お嬢様酵素 ピュアネス酵素 優光泉(ゆうこうせん) 美的90選 ベジライフ ベジーデル酵素液 手作り酵素ジュース