酵素で成功!秘密全部バラしちゃいます。

基礎代謝を上げる漢方

スポンサ−ドリンク

基礎代謝を上げる漢方

●基礎代謝を上げる漢方

 

 

ダイエットにおける代謝
基礎代謝を上げることはダイエットを成功させるポイントのひとつ。
基礎代謝を高めることで効率よくエネルギーを消費させることができます。
今回、基礎代謝を上げる漢方について、お伝えしたいと思います。

 

 

漢方には、冷え性の改善に役立つもの、精神安定に役立つものなどさまざまありますが、中には基礎代謝を上げる作用をもつ漢方もあります。

 

 

漢方で基礎代謝をあげるしくみ
漢方とは、中国から伝わり、日本で発展した医学です。
西洋医学が病気を特定してから薬などで治療するのに対し、漢方は、病気は発症していないものの体のバランスが乱れて体調が優れない「未病」の状態から改善するという考え方が特徴です。

 

漢方で基礎代謝をあげる、とは、冷えや便秘、ストレスなど基礎代謝低下の原因となる不調を改善することで基礎代謝を高めていこう、というものです。

 

 

基礎代謝低下の原因となる不調と不調に効く漢方
冷え性
冷え性で悩んでいる人は、体に水分を貯めこみすぎている可能性があります。
水は体を冷やす性質を持つので、体内の余分な水分は体温を低下させ、基礎代謝を下げます。

 

また、体温が1度下がると基礎代謝が14%下がるといわれています。
尿で余分な水分の排出を促しましょう。

 

利尿作用がある防已黄耆湯(ぼういおおぎとう)、五苓散(ごれいさん)、牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)などを飲むと余分な水分を体から出すことができるので、代謝を上げられます。

 

便秘がち
便秘で腸に便が残ったままになっていると、腸の動きが鈍くなり、腸を動かすエネルギーをあまり必要としなくなります。
腸を動かすエネルギーも基礎代謝に含まれているので、便秘は基礎代謝を下げる原因になります。
便秘がちな人におすすめの基礎代謝を上げる漢方は、防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)です。
老廃物を体から出す作用があるので、便秘を改善し代謝アップが期待できます。

 

 

ストレスを抱えている
ストレスをためすぎると自律神経が乱れます。
自律神経は、行動を活発にし、エネルギー消費を助ける交感神経と、体をリラックスさせる副交感神経で成り立っています。

 

自律神経が乱れると、エネルギーを消費しやすい昼間に副交感神経が優位になり、エネルギーを上手く 消費できなくなるので基礎代謝が低下します。

 

漢方で自律神経を整えましょう。ストレスでイライラが押さえられない時には、甘麦大棗湯(かんばくたいそうとう)や半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)を飲むと気の巡りがよくなり、気持ちが落ち着きます。

 

不眠症、寝つきが悪い
睡眠不足は自律神経の乱れを招き、体を冷えさせるので代謝を低下させます。

 

なぜなら、冷えのメカニズムとしても重要な、血管の収縮・拡張などは、自律神経に大きく関わっているからです。

 

不眠症で悩んでいる方や、寝つきが悪く睡眠時間が減っている方には漢方の睡眠薬の酸棗仁湯(さんそうにんとう)や加味帰脾湯(かみきひとう)などがおすすめです。

 

寝つきがよくなるので睡眠の質が高まり、自律神経が整います。

 

 

 

漢方は、なんでも飲めばいいというものではありません。

 

代謝を低下させている不調に合わせた漢方を飲むことが大切です。

 

そして、薬の飲み合わせを誤ったり、用量を守らなかったりすると副作用が出ることもあります。

 

そのため、きちんとカウンセリングを受けたうえで、医師に処方してもらったものを服用するようにしましょう。

 

 

500円モニタ−大募集中
麹菌から生まれた酵素

 

 

 

 

スポンサ−ドリンク

注 目  ラ ン キ ン グ!

ご  案  内

  関  連  記  事


ホーム RSS購読 サイトマップ
定期購入酵素 ベルタ酵素 お嬢様酵素 ピュアネス酵素 優光泉(ゆうこうせん) 美的90選 ベジライフ ベジーデル酵素液 手作り酵素ジュース